トリートメントの基本はタッチセラピーです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

実技の授業の中で、一番基本で、そして生徒の皆さんが難しいと感じられるのは

「タッチセラピー」。クライアントのお体にしっかりと安定感、安心感を持ちながら触れるという基本動作です。

 

セラピストになった場合、初対面の方でもまるでご自身のお子様を包み込むようにタッチしていく、ということが当然必要不可欠になるわけですが、生徒の皆様はまずここが一つ目の大きなミッションになるようです。

家族以外の方の体に掌を密着させる・・セラピストとしては当然の行為ですが、実際に身体に触れる場面になると、遠慮が出たり、触れる圧が弱かったり、妙に力が入ってしまったり・・。

そうなると当然、「心地よさ」「安心感」からはほど遠いものとなってしまいます。

セラピストの質がまず問われるのはこのタッチセラピーです。セントオブカレッジでは、こういったセラピストに必要な、技術だけでない心理的心構えやクライアントの立場にたった心地よいセラピーを実技レッスンでは学ぶことができます。

 

実技レッスンのカリキュラムはこちらからご覧ください

http://pulana.jp/school/%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%88%e5%ae%9f%e6%8a%80%e5%8f%96%e5%be%97%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です